海外ドラマで登場するクルマ 【トヨタ編 Vol.1】

「海外ドラマで登場するクルマ」シリーズ、不定期にて海外ドラマに登場するクルマを御紹介していく本業と半分くらいしか関係の無いブログですが、第三回目はトヨタ編です。
海外ドラマですので、当然輸入車が多く登場する事がほとんどですので、ココはやはり世界で活躍する我が国のクルマとして国産車 を優先していきたいと思いこういった順序になりました。

少しでも「へ~そうなんだ」、「コレは見た事あるけど気付かなかった」とか、適当に少しでもお楽しみいただければと思います。

①プリズンブレイク (PRISON BREAKE)

●トヨタ セコイア (2代目2008モデル)

2006年頃から日本では放送されていた海外ドラマとしては24の次くらいに有名なプリズンブレイク!
無実の罪で死刑囚として収監された刑務所に全身にタトゥーびっしりの弟が助けに行く、というストーリーというと一言で終わってしまいますが、まぁ道中当然色々ある訳です。
色々無ければこんなにシーズンは続きません笑

見た人は誰でも知っている基本情報ですが、この刺青だらけで坊主に童顔イケメンの主人公、刺青は兄が収監された刑務所の設計図を模したモノで、本職はデキる設計技師ということで、実は熱い男というだけでなく、インテリでもあるんですね~

見る前に宣材写真とか見てた自分は絶対ギャングの脱獄ドラマだろうと思ってました笑

セコイアは正規国内販売は無い海外専売のSUVですが、プリズンブレイクの影響もあってか結構逆輸入されているようで、当店でも何台か作業をした事があります。
全幅はタンドラと同じ2050mmもあるのでランクル200よりデカいSUVなんですね~
確か足回りもリアは独立懸架になっていてかなり凝った足回りだったと思います。

ドラマの絵ヅラとしても、アメリカのドラマ映画御用達のサバーバンやタホ、フォードエクスプローラーに全く引けを取らない風格ですね~


②ボーンズ (BONES)

●トヨタ セコイア (2代目2008モデル)

はい、またセコイアです。

こちらのドラマもアメリカのドラマで、よくあるFBIものと少し違うのは、主人公が骨やミイラの鑑定、研究の権威である学者さんが主人公という点ではないでしょうか。
FBIへ協力し、変死体や通常の検視官の手に余る死体を調査し事件解決へ導くというストーリーですが、物語はさておき、とにかく検視シーンが多く、リアルでグロかったイメージが強いです。

僕は食事中には視聴を控えていたので最初の数エピソードしか見ていなかったと思います笑

そんな特殊な死体が仕事の主人公ブレナン博士の愛車が、これまたセコイアなんですね~(セコイア大人気)

現場へ急行するアシとしての機動性、走破性も高く、リア独立足回りで快適にも乗れるラグジーさも兼ね備えた高級SUVと考えると大変良い選択だと思います。

このドラマは他にも街中などのちょっとしたシーンで30プリウスがいたり、旧RAV4がいたり、カムリが停まってたりと、結構トヨタ車がよく出てきます。
スポンサーなのか、ステマの一種なのかは知りません笑


③アンダー・ザ・ドーム (UNDER THE DOME)

●プリウスPHV(30系)

続きましてはアンダー・ザ・ドーム、これは僕は結構後半まで見ました。スティーブンキング原作という言葉に弱いので・・・

あらすじとしては、アメリカのどこぞやの田舎町が、ある日突如として目には見えないが、ほぼあらゆる物質を遮断する透明のドームに覆われてしまい、事実上の完全ロックダウン状態になってしまい、閉鎖された空間内の住民達の生死をかけた人間ドラマが始まるという内容です。
しかもロックダウンされた事により、町の要職者ぐるみで麻薬密造をしていた事がバレてしまうというオマケつき。

SFサスペンス主体の舞台設定ですが、半分以上は人間ドラマの時間だったと思います。

まぁ、超絶的な緊急事態になると、普段イヤなヤツだった人が、実はそうでもない事が判明したり、良い人だと思ってた人が実は悪どいヤツだったとか・・・ソコは結構リアルだったと思います。
ただ、後半のSFの造りモノの造形とかCGの描写が・・・


プリウスPHVは準主役ともいえる、ドームに閉じ込められた元新聞記者、ジュリアの愛車として登場します。
怪我人を運んだり、資材を運んだり、かなり色々なシーンで活躍しています。

ガソリンが無くても走るPHVはロックダウンされた町では、走破性は無視して、ほぼ最強といえるでしょう。

2013年頃スタートのこのドラマ、とっくにあるはずのテスラなどのEVでなくプリウスを選ぶあたりは素敵です。(日本人として)


④NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班

・ランドクルーザー 60

最後は個人的に一番好きな海外ドラマ、NCISです!
本国アメリカでは2003年、日本では2006年頃から現在まで続いており、本国では現在シーズン19、日本ではこれからシーズン18がおそらくAmazonPrimeやNetflixなどで配信になるかと思います。
(FOXでは明後日から配信だそうです)

⇒Huluでは既に11話まで配信しておりましたスミマセン

僕は大好きなドラマですが、意外と日本では世間での認知は低いようで・・・本当に面白いので、もっとガンガン地上波でやって頂きたく思います。(睡眠不足になりますが)

NCIS(海軍犯罪捜査局)での犯罪捜査のおハナシなのですが、FBIでもCIAでもなくNCIS、というのがよく知らない人からすると?な訳ですが、アメリカは兵役がありますので海軍だけで世界最大の43万人もいるそうですし、軍部専属の犯罪捜査機関があるようです。

そんなNCISでの捜査、人間模様が描かれていくドラマなのですが、根本的な特徴としてこのドラマは視聴者目線としての主人公が1人に定まっていない事があります。
おそらく同機関の上級捜査官であり、チーム主任のギブスが主人公に近いですが、基本としてキャラの濃いチーム全員が主人公として扱っている節が強く、エピソードごとに主人公目線が多少違っていたりするのが、面白い所でもあります。

とにかく主要メンバーが日本ではそこまで有名という訳ではないのに(すみません僕はあまり知りませんでした)本当に良い役者さん揃いで、キャラクターとも見事にマッチしており、手に汗握る回、感動し通しの回、悲しい回、笑える回、と視る者を色々な感情を投げかけてくれます。

そして何しろマークハーモン演じるチーム主任ギブスがとにかく毎回カッコイイ!いぶし銀の男気の渋いカッコ良さに惚れます笑

車の話に戻りますが、基本的に主要メンバーの愛車は、ギブス=ダッジ チャレンジャー1971、アビー=フォード モデルAのホットロッド仕様だったり、チームが現場に急行する車も大抵はダッジのチャージャーやイントレピッドだったりとアメ車ばかりです。

しかしながら、これから日本で放送となるシーズン18ではランクル60が登場するようです。
(すみません、好きなドラマなので先を調べちゃいました・・・)

名車といえども80年代の四駆(SUVという時代ではない)がなんと国内最新エピソードに登場するという訳です。
当然国内ではまだ放映されていないので、内容はわかりませんが、捜査での公用としては、ちょっとリアリティに欠ける反面、今の時代ではシャレオツ過ぎますので、おそらく中東?などの海外での捜査車両なのかもしれませんね、ギブスが武装して乗車しているようですし。


いかがでしたか?
レクサスほどではないですが、トヨタ車も大活躍な模様です。
まぁレクサスは国内展開する前から海外ではレクサスブランド=レクサス車として馴染みがありますし、高級車ですから海外ドラマで見かける頻度が高いのは仕方がないのかもしれません。

今回は最後に個人的に書きたいドラマを捻じ込んでしまった感が否めないですが、少しでもお楽しみ頂けたのであれば幸いです。

-軽トラからF1まで-
(株)ロイヤルコーポレーション

〒343-0002
埼玉県越谷市平方1931-1
TEL:048-970-8833
FAX:048-970-8834
info@royalco.jp

毎週水曜定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です