フォルクスワーゲン ポロ 6R アライメント調整

こんばんは。

ミクシィが東証マザース1位と躍進を続けるSNS業界ですが、誘導広告などに要注意です。

特にfacebookなどで出てくる、ユーザーの個人情報を元にしたアルゴリズムで表示されてくる広告、中には詐欺まがいのモノが多数あるので注意しましょう。

SNSをはじめ、ネット上の詐欺まがいの広告に騙されないポイントは、まず必ず表示される利用規約や約款をちゃんと読む事(良く読まずに「同意する」ボタンを押していませんか?)

それと、ちゃんと会社概要の表記されていない会社と取引はしない事。(特定商取引で表示が義務化されているので、会社概要が無いのはもってのほか)

あとは、現実世界でもネット世界でもこれは同じですが、おいしい話は無いという事です(笑)

TV番組の受け売りですが、天下のmixiやfacebook、Yahooだからといって、ほぼ誰でも広告を出せるといっても過言ではないので、あまりそういった事は信用しない事です。

さて、今日もそろそろ作業報告に参りまして、フォルクスワーゲン ポロ6Rアライメント調整作業です。

BILSTEINのサスキットに交換後、少しですが、車体の流れる症状が出てきているとの事でした。

サブフレームを動かすことにより、若干ですがキャンバーも調整出来る事があるのですが、今回はリジカラによりサブフレームと車体間の穴の誤差を埋められていましたので、トー調整のみですが、実走行によって極力車体流れの無い方向へ調整致します。

ポロ6R

車体の走行挙動につきましては、テスター数値だけでなく、左右のタイヤを入れ替えたり、時にはホイールバランスを取り直したり、アライメントだけに固執せず、あらゆる原因の可能性を考えます。

今回は、左右のタイヤを入れ替える事により、アライメント調整後により安定致しました。

-軽トラからF1まで-
(株)ロイヤルコーポレーション

〒343-0002
埼玉県越谷市平方1931-1
TEL:048-970-8833
FAX:048-970-8834
info@royalco.jp

毎週水曜定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です