トヨタ (北米) シエナ 車高調取付、アライメント、タイヤホイール交換etc

こんばんは。

賞味期限切れのチキンがマッ〇やファミ〇に出荷されていたようで、大きな騒ぎとなっていますが、どこから流出したのか、当該工場の操業中の映像では、床に落とした肉を製造ラインに戻したりしていました。

これは賞味期限切れとか、そういうレベルではなさそうなのですが。。。。

ちなみに私は2か月半前に、上海で現地のマッ〇のチキンナゲットを食べましたが、特に何の不調も無く生きています。

海外で低コストで生産し、輸入する場合は、ファー〇トリテイリングのように(食品だから尚更)しっかり品質の管理をしてもらいたいものです。

輸入の話つながり・・・というわけではありませんが、今日の作業報告は逆輸入車、トヨタ (北米)シエナ車高調取付、アライメント、タイヤホイールの交換からのフリップダウンモニターの取付作業です。

比較的、北米トヨタ車の作業が多い当店ですが、久々のシエナの作業です。

それにしてもやっぱりアメリカンサイズで、かなり車重もあります。

シエナ ローダウン

純正サスペンションを取り外しの上、アッパー移植にてフロントの車高調を付けました。

シエナ ローダウン

リアです。

サイズがサイズですので、スプリング、ショックは当然、トーションビームもかなりゴツいのがついています。

シエナ ローダウン

ホイールはROJAM RT-091、22インチ、タイヤは正規輸入のナンカンSP7で255/30R22、ホイールは前後でオフセットを変えてツラの出方を調整しています。

シエナ ローダウン

普段乗りで実用的な車高とツラの出方となりました。

IMG_8402

元々かなりある幅がローダウンによって更に強調されました。

フェンダー爪折りをしない場合はこれくらいが安全圏です。

IMG_8403

車高がバッチリ決まったらアライメント調整です。

フロントはキャンバーボルト使用にて調整箇所を追加、扁平のかなり薄いタイヤの偏摩耗を考慮しつつ、同時にツラの出方も微調整です。

IMG_8392

足回りがばっちり決まったので、最後に定番のアルパインのフリップダウンモニターを取付して作業完了となりました。

IMG_8404

国産車と言えども逆輸入車は、特にナビ回りなどは国産車と全くの別物です。

逆輸入車の足回りはもちろん、AV関係のご相談もお気軽にどうぞ。

-軽トラからF1まで-
(株)ロイヤルコーポレーション

〒343-0002
埼玉県越谷市平方1931-1
TEL:048-970-8833
FAX:048-970-8834
info@royalco.jp

毎週水曜定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です