トヨタ クラウン15系 アライメント調整

こんばんは。

あろうことか、またポピュラーとも呼べる車種で大規模なリコールが出てしまいました。

セレナなど76万台リコール=アクセルに不備、海外も15万台―日産

幸いにも事故は確認されていないらしいですが、対象車種にお乗りの方は是非、ディーラーにて対応してもらって頂きたいと思います。

手順としましては、車検証などの登録状況を元に、ディーラーから手紙が届きます。

そしてオーナーさんはその手紙を持ってディーラーに出向き、対応をしてもらう事になるかと思います。

しかし、文面で症状を読む限りでは、外車であったらリコールは出さず自己での修理対応になるレベルではないかと思います。

この仕事をしていると外車の不具合で、国産ならばこれはどう考えてもリコール対象になるべき車両本来の不具合であろう・・・というものを数多く目にしてきました。

あってはならぬリコールとはいえ、小さな不具合でも誤魔化さずに対応する姿勢、その点がやはり日本のメーカーの真面目な部分のように思えてきます。

さて、今日の作業報告はトヨタ クラウン15系アライメント調整作業です。

この年式のクラウンは乗り心地を追及していてかなり足回りがかなり柔らかい印象ですが、前後ダブルウイッシュボーンでアライメント調整箇所も合計8か所と、かなり作りこまれており、エンジンの直6の2JZとまさに日本のフラッグシップだった車です。

今回も酷い狂いではありませんが、前後でトー、キャンバー数値がバラバラであったものをきっちりと調整させて頂きました。

クラウン15

 

作業後も試走行にてハンドルセンターのズレがなく、ハンドリングの安定も確認、作業完了となりました。

車の挙動に関することや、タイヤの偏摩耗などでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

-軽トラからF1まで-
(株)ロイヤルコーポレーション

〒343-0002
埼玉県越谷市平方1931-1
TEL:048-970-8833
FAX:048-970-8834
info@royalco.jp

毎週水曜定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です