トヨタ(北米) シエナ アライメント調整

こんばんは。

昨日HPとブログのトップにリンクをアップしたのですが、スペシャルなセリカの新しいオーナー様を探しております。

セリカ ZZT ターボ、フルカスタム

これまで当店にて、整備、カスタムなどをさせて頂いていましたが、お客様の諸事情により手放す事となりましたので、当店で新しいオーナー様を探すお手伝いをさせて頂く事になりました。

もう手を入れる所が無いという位に手が入っている車ですが、しっかり点検、整備もされていたお客様ですし、ほぼフルチューンとも言えるエンジンは載せ換え後約5万kmですので、まだまだ長く乗れる車かと思います。

詳細はこちらから。

「セリカZZT ターボカスタム」

お気軽にお問合せ下さい。

話は変わりまして、本題です。

今日の作業報告はトヨタ(北米)のシエナアライメント調整作業です。

先日のタンドラのアライメントに続き、北米トヨタ続きです。

こうして見ると意外に普通に見えますが、アメリカ向けだけあって横幅はやはり特大です。

シエナ

今回は特に足回りの修理やカスタムの無いノーマル車両の点検の意味でのアライメントでしたが、左右のフロント左右のキャンバーの数値は結構狂っていました。

シエナ

今回も試走行を何度か繰り返しながら調整させて頂きました。

キャンバーに調整機構の無い車ですが、ストラット取付部の長穴をズラして既定値に入れました。

逆輸入車、重量級の車のアライメントもお任せ下さい。

-軽トラからF1まで-
(株)ロイヤルコーポレーション

〒343-0002
埼玉県越谷市平方1931-1
TEL:048-970-8833
FAX:048-970-8834
info@royalco.jp

毎週水曜定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です