トヨタ ランドクルーザー200系 アライメント調整

こんばんは。

久々に自動車関連の話題ですが、今回は結構身近で深刻な話題です。

世界で338万台リコール=エアバッグ破裂の恐れ―トヨタなど4社

ちょっと見ただけでもカローラ、ストリーム、キューブなど、かなり身近な車種ばかりですので、笑えない方も多いかと思います。

正式にリコールが出た場合、国交省などの登録情報を元に、該当する車種の所有者さんには、無償修理を促す郵便物が郵送されるはずですので、それを持ってディーラーに行って無償修理をしてもらう事になるかと思います。

ちなみに私の通勤車もカローラ系ですが、社外ステアリングが付いていてエアバッグは外しているので実害はないです。

助手席エアバッグも危ないとしたらダメですが・・・気になるところです。

さて、今日の作業報告はトヨタ ランドクルーザー200系アライメント調整作業です。

ご覧のように足回り交換車両ですが、足回りカスタムによるリスクを最小限にすべく入庫です。

試走行の後、アライメント測定~調整です。

ランクル200

きっちりとデータ数値が合うように調整したら、もう一度試走行に行き、実走行での確認作業をし、最終的な調整をします。

この一連の作業の流れが、データ数値だけを見て調整している量販店さんのアライメントとは違う点といえます。

-軽トラからF1まで-
(株)ロイヤルコーポレーション

〒343-0002
埼玉県越谷市平方1931-1
TEL:048-970-8833
FAX:048-970-8834
info@royalco.jp

毎週水曜定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です