ポルシェ 911 クーラント漏れ修理作業

おはようございます。
また今日から雨のようです。
最近また週末が雨のことが多い気がします。

しかし暦の上では春分の真っただ中、春は別れと出会いの季節でもあります。
また、春は病も多くなる季節と言われており、五月病、不眠症、花粉症、うつ病なども増えてくる季節らしいので、病との出会いだけは避けたい所です(笑)

さて今日の作業報告はポルシェ911冷却水漏れの修理作業になります。

ポルシェ911-1
水たまりが出来てしまう程の漏れでした。
各部を点検した所、リザーバータンク及び周辺のパーツの交換が必要となりました。
ポルシェ911-2
インテークなどを外し、リザーバータンクをうまく外し、新品のタンクに交換です。
ポルシェ911-3
ガスケットやホース類も全て交換しました。
ポルシェ911-4
クーラントもポルシェ純正のモノを今回は使用しました。
ポルシェ911-5
ある程度の圧を掛けて確認しなければいけないので、作業後に一定時間の走行確認を行なっています。
漏れが完全に治ったのを確認して、納車させて頂きました。
この度は大変有難うございました。

輸入車の修理などもお気軽にお問合せ下さい。 

royal160.jpg

 

-軽トラからF1まで-
(株)ロイヤルコーポレーション

〒343-0002
埼玉県越谷市平方1931-1

TEL:048-970-8833
FAX:048-970-8834

info@royalco.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です