ドレスアップカスタム その2 テールランプ

こんばんは。 台風27号はどうやら関東はかする可能性があるくらいで済みそうですが、週末の雨は避けられそうもなさそうです。

個人的に土曜日にお休みを頂いていたのですが・・・泣 前回も遠出の所用でお休みを頂いた時も台風でした。 雨男というより台風男なのでしょうか・・・泣けてきます 笑

さて、今日のブログは先日の「ドレスアップカスタム その1 ヘッドライト」に続き、テールランプのドレスアップカスタムについて簡単ですが解説していきます。

これもほぼヘッドライトを同じような感じで大ざっぱに3種類に分けられます。

・完全ワンオフテールランプ

殻割り(レンズ、リフレクター、インナーを分解)作業をし、車種別で専用のLED基盤を作製して製作するものです。 同じLEDでも、バルブだけ変更している場合とはオリジナル度、目立ち度とも比べ物になりません。

個人製作の完成品を購入する場合などは、LEDの切れや防水に対する保証と品質を確認されることが大前提といえます。

IMG_2755IMG_5335

・小加工のドレスアップテールランプ

これはヘッドライトと違い、あまり多くは見かけませんが、やはりアイラインのように専用のLEDテープなどを車体とテールの隙間に施工したりします。

また、電飾ではないですが、レンズのスモーク化なども小加工のひとつと呼べるかもしれません。

IMG_4560

・既製品カスタムテールランプ

これはお手軽に完成度が高いテールを手に入れることができます。 有名なところでは、ValentiのJEWEL LEDシリーズなどがあります。 一流メーカー品ではそのようなことはないのですが、それ以外の特に輸入品などだと、これも雨水の浸水の確率が高いといえますので、追加でシーリングを行うのが吉です。

強いてデメリットをいえば、カスタムパーツですが、他人とカブることがあるということです。

IMG_5375 IMG_5265 IMG_5089 DSC_0178 IMG_4233

・純正テールバルブ交換

これがコスト、作業面でも一番お手軽です。

デザインは純正そのままに、ハロゲン球からLEDバルブに交換します。

LEDはハロゲンより長寿命、省電力(原則)、発色が良い、点滅の歯切れが良い、などのメリットがあります。

点滅などが多いウインカーなどで特に効果が高いといえるのではないでしょうか。

注意点としては、間違えてハロゲンより光量が少ないものを買わないようにすることです。

その他にも色々とあるのですが、今回はテールランプのカスタムで代表的なものをご紹介させて頂きました。

上記のカスタムはもちろん全て当店で手掛けたものです。

お客様のニーズに合ったカスタムのお手伝い致します。

royal160.jpg

車のパーツ・カスタム・整備・etc

(株)ロイヤルコーポレーション

〒343-0002

埼玉県越谷市平方1931-1

TEL:048-970-8833

FAX:048-970-8834

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です