スマホ時代のAVインターフェイス登場!カロッツェリアより

今日は久々に新着情報です。

 

カロッツェリアより今月12日に発売になったFH-770DVDです。(メーカーページはこちら

CD、DVDの通常再生はもちろん、i-pod、i-phone、USBからの音楽、動画再生、それに加えてDVD-RやCD-Rからの通常PCで使用する形式からのダイレクト再生が可能です。
(avi、mp3、wma、mpeg、jpegなど)

ですからPCを介してitunesなどで音楽、動画を管理されている方が車内音楽を楽しむには最適な車内インターフェイスといえます。

ほとんどの場合、MP3などのフォーマットに音楽を圧縮して鑑賞を楽しむのが主流ですが、この時につきまとうデメリットは「音質」です。

通常、MP3などは128kbpsなどのレートで圧縮されているのが一般的です。これがビットレートといわれるものですが、イヤホンで聞く分には問題の無い音質の劣化ですが、スピーカーで聞くと、若干の音質の劣化がわかります。(聞く人によりますが)
MP3、ビットレートについてはこちら

このインターフェイスは圧縮オーディオをCD本来の音質に迫る音に修正するシステム、「アドバンスド・サウンドレトリバー」を搭載しています。
このシステム、簡単に説明しますと、圧縮されて減った楽曲の周波数部分を仮想敵に補うといった感じのシステムです。(詳しくはメーカー説明ページを参照して下さい。)

この他にもスマホの操作感で操作できる5,8型タッチモニターや、別売で地デジチューナーをつけてTVの視聴、サブウーファーなども気軽に増設出来ます。

323.jpg
まさにスマホ時代のカーオーディオと呼ぶに相応しいインターフェイスではないでしょうか。

 

お取り寄せ、取付は是非、当店で!
ブログを見ました、と言って頂ければ優遇価格に致します!

-軽トラからF1まで-
(株)ロイヤルコーポレーション

〒343-0002
埼玉県越谷市平方1931-1
TEL:048-970-8833
FAX:048-970-8834
info@royalco.jp

毎週水曜定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です