ダッジ ラムトラック アライメント調整作業

こんばんは。

また国産車人気車種でリコールが出ました。

ホンダ:新型フィット5度目のリコール-世界で4車種42.6万台

人気車種のフィットやNシリーズ、最近よく見かけるようになったヴェゼルなどですが、走行中にエンジン停止の恐れがあるというのが怖いですね。

ちょっとやそっとの不具合ではリコールなどはまず行わない輸入車メーカーに比べれば、前向きに不具合に対処しているように思えますが、それにしてもトヨタなどに比べてホンダは最近は結構重大な欠陥によるリコールが多いように思えます。

リコール対象車をお持ちの方は早めの対処をお勧め致します。

さて、今日の作業報告はダッジ ラムトラックアライメント調整作業です。

この現行のラムトラックはリアがリーフスプリングではなくバネサスのタイプですが、調整箇所はこの手の車では変わらず、フロント6か所です。

dodge ram

試運転後、測定、その後、調整作業です。

dodge ram

調整はバッチリOKでしたが、どうもタイヤが大分クセのあるタイヤのようで、ごくわずかですが、ハンドリングに左右差を感じられたので、試しにフロントのタイヤを左右入れ替えてみると、なんと左右とも同じ力加減でスムーズに曲がるようになりました。

今回のように、単純にアライメントの状態だけでなく、厳密にはタイヤなどによっても乗り心地は左右されます。

当店のアライメント調整は、アライメントのみに固執せず、車体に起こっている症状に対して包括的に捉えるように対処させて頂いております。

 royal160.jpg

車のパーツ・カスタム・整備・etc

(株)ロイヤルコーポレーション

〒343-0002

埼玉県越谷市平方1931-1

TEL:048-970-8833

FAX:048-970-8834

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です