ダッジ チャージャー アライメント調整

こんばんは。

昨晩の猪瀬都知事の辞意表明といい、今日の餃子の王将の社長さんの銃撃事件といい、師走になってから、ニュースのほうもバタバタしている気がします。

特に猪瀬知事の件については、つい先日までオリンピック招致を成功させたり、乗りに乗っていた人物なだけに、いきなりの急展開で窮地に追いやられている感があります。

日本は、政治家などが事あるごとに何か不祥事を起こせば、あまり事の大小に関わらず直ぐに辞任を求める傾向が強いようです。

偏った素人考えかもしれませんが、たとえ悪い事をしていようとも知事として一定の成果を上げているのは事実で、その点は評価しなければならないと思います。

もちろん、悪い事をしたのであれば、相応の懲罰を受けてしかるべきであるという事は言うまでもありませんが、「辞めて責任を取る」という考え方に固執するのは広い意味で前進の妨げになっているように思えてなりません。

久しぶりに堅い雑談になってしまいましたが・・・

今日も本題です。

今日の作業報告はダッジ チャージャーアライメント調整作業です。

ですが・・・・作業前にリフトアップして衝撃に事実が発覚しました。

「リアのトー調整のカムボルトが折れている・・・・」

ですので、新品部品を発注、到着後にカムボルトを交換し、測定~調整に入りました。

ダッジ チャージャー

チャージャーは300Cやマグナム、チャレンジャーとほぼ同じLXプラットフォームという足回りで、ローダウンなどをしていない車両でも、内側のタイヤ偏摩耗が見受けられる事が多いです。

ダッジ チャージャー

純正状態では、前後のトー4か所が調整可能ですが、フロントは社外のキャンバーボルトが入っていたので合計6か所調整となりました。

作業後は、作業前の試走行ほどステアリングを持ってかれる傾向は無くなりました。

royal160.jpg

車のパーツ・カスタム・整備・etc

(株)ロイヤルコーポレーション

〒343-0002

埼玉県越谷市平方1931-1

TEL:048-970-8833

FAX:048-970-8834

毎週水曜定休

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です