こんにちは。

今日のネットニュースの一面は某ハーフタレントの芸能活動復帰に関する見出しばかりですが、実は個人的にはもうこの話題には飽き飽きしています。

まぁ芸能人、有名人ですから、法に触れなくとも目立つ事をすればメディアに取りざたされるのは仕方のない事なのですが、今回の件は世論の反響が大きかったせいか、メディアも相当に同じ話題で引っ張り続けている感があります。

で、その世論を牽引するカタチとなったのが、お馴染みSNSやツイッターなどですが、これがもう寄ってたかってフクロ叩き状態でした。

色んな意見があって然るべきですし、ネットでも何でも表現の自由が保障されなければならないのですが、特にSNSとか、非常に拡散性が高く、加えて匿名性の高いネットの特性を考えるとこれは意外と深刻な問題なのではないかと思います。

internet

今回の1件はネットという仮想現実が、現実の社会に絶大な影響を及ぼしているという一つの証拠だと私は見ます。

もう少しミクロな単位で見てみると、学校やクラスなどの単位でもインターネットでの匿名による個人叩きなど、似た現象は多いに有り得ることかと思います。

インターネットはじめSNSなど爆発的に広まった背景に、長らく置き去りにされてきた暗い側面がここにあります。

現実社会で独り言を言っても周囲の人間にしか聞き取れませんが、ネットの場合、発言には何かしらのログが残り、ログが残るという事はコピペやリツートなどで拡散していく可能性が相当あるということです。

ネットでは何気ない、何でもない一言が知らず知らずに誰かに悪い影響を与えている可能性が現実の何百倍もあるということです。

表現は自由ですが、ネットで他人の話題を持ちだす場合、少々デリケートに考えてみては如何でしょうか。

だらだらと今回も時事ネタでつまらぬ持論を展開してしまいましたが、今日の作業報告はトヨタ クラウン18系タイヤホイール交換(インチアップ)、マフラー交換の作業です。

ホイールはCarlsson 1/16 BE 19インチ、完全なる正規ルートのCarlssonですので、カールソンジャパンのマッチング適合車はレクサスIS用ということになります。

18クラウン

タイヤはNANG KANG NS-20、こちらも正規ルートのナンカンで、F8.5Jに対し225、R9.5Jに対し255のチョイス、前後異形で少し引っ張りなサイズですが、事前に現車確認の上での計算です。

そして車高調が既に入っている車ですので、お客様のご希望の車高にフロントを下げさせて頂きました。

18クラウン

マフラーは純正相当の耐久性と性能に定評のあるTOM’Sのトムスバレルを取付させて頂きました。

18クラウン

純正アスリートの18インチ~19インチへのインチアップでしたが、たった1インチでだいぶ変わった印象を受けるのはホイールデザインのせいだと思います。

インチアップ、ツライチなどご相談はお気軽にどうぞ。

軽トラからF1まで-

(株)ロイヤルコーポレーション

〒343-0002

埼玉県越谷市平方1931-1

TEL:048-970-8833
FAX:048-970-8834

info@royalco.jp
毎週水曜定休

royal160.jpg