こんにちは。

三菱に続き、スズキもカタログ燃費数値の偽装、(ズズキにおいては測定環境の不一致だそうですが・・・)と国内自動車産業が若干揺れております。

当然ながら、私どもの業界の人間に及ばずとも、最近の車の「実燃費」を1度でも計算したことのある方ならば周知の事実ではあるかと思いますが、カタログ数値の燃費と、実際の走行に置いての燃費はだいぶ違います。

国内の自動車のカタログ燃費の基準は10,15燃費といって、決められた特定の環境下で出した数値ですので、ストップアンドゴーと加速減速を繰り返す街乗りの燃費より相当に良い数値となっています。

ですので、ぶっちゃけた話、カタログ燃費が数km変わろうが、ユーザーにとっては何の問題もないお話です。(スズキに限っての話です。)

今回の「偽装」というニュアンス、そのメーカーの姑息さが故にニュースを賑わせている話題かと思いますが、少し視点を変えてみれば、国内自動車産業の低燃費ブームと競争に一石を投じる出来事ではないかと思います。

最近でこそ自動ブレーキ機能や、アクセルとブレーキの踏み間違い防止機能、その他色々と燃費以外の付加価値も登場していますが、それでも新車購入の際のチェック項目として低燃費は必須となってしまった現在、そもそものカタログ燃費はもう少し実燃費に近い数字になるような測定基準にするべきだと思います。

 

さて、今日の作業報告はレクサスRX270車高調取付~アライメント調整の作業報告です。

車高調はタナベ SUSTEC PRO Z-1です。

IMG_2614

 

IMG_2615

お客様ご希望の車高に設定、仕上げはいつも通りアライメント調整です。

IMG_2613

RX270はフロントがトーとキャンバー、リアはトー、合計6か所の調整が可能です。

最近の国産車の中では調整箇所はかなり多い部類となります。

何度か試運転をして実走行、数値、ともに納得の仕上がりとなりましたので作業完了です。

軽トラからF1まで-

(株)ロイヤルコーポレーション

〒343-0002

埼玉県越谷市平方1931-1

TEL:048-970-8833
FAX:048-970-8834

info@royalco.jp
毎週水曜定休

royal160.jpg